模型

オフィスにぴったりの自動販売機│簡単に設置して貰える

機械の種類とそれぞれの良さ

コーヒーを淹れる人

オフィスコーヒーを導入することで社員に様々な効果があります。どれも仕事に効果があるものばかりです。会社に導入するオフィスコーヒーにはいろいろな種類があります。大きく分けて3つです。その1つにコーヒーの袋と豆を機械にいれるだけのものがあります。これを一杯抽出型といいます。これが一番簡単な機械でボタンを押すだけでカップ一杯分のコーヒーが出てきます。その場で焙煎とドリップをしてくれるので会社にいながらお店の味を味わうことができます。それもオフィスコーヒーの魅力の1つです。そして2つ目がブリューワー型という物です。これは先に説明した一杯抽出型と同じようなものですが違うのはこのタイプは一度にたくさんのコーヒーを作ることができます。これなら作り置きを置いておくことで何回も作る手間が省けます。たくさんの飲みたい人はブリューワー型、挽きたてを飲みたい人は一杯抽出型というようにそれぞれの良さがありますので自分に合ったものを導入しましょう。そして3つ目が自動販売機型という物でこれはコーヒーだけを揃えた自販機です。これは他の2つと違いコーヒーの挽きたてを飲むことはできませんが、その代わりたくさんの種類のコーヒーを楽しむことができます。基本的にはこの3つですが最近では新しいものが開発されているので興味がある人は調べてみてください。オフィスコーヒーを導入するメリットはたくさんありますのでこの機会に、まだ導入していない会社は試しに設置してみましょう。